​産科

ソフロロジー式分娩の考え方

ソフロロジー式分娩とは?

「どうやったら精神的にリラックスできるか」という事を追求したものをソフロロジーといます。ソフロロジー式分娩法は、平野エンゼルクリニックが積極的に取り入れている分娩法で、とにかくリラックスした気持ちで出産を迎えて頂く事を目的にしています。
お母様がリラックスしていると、赤ちゃんも狭い産道を無理なく通る事ができます。そして力まない出産は、産後の回復も早く、出産から育児へスムーズに移っていけるのです。
ソフロロジーでは、痛みを恐怖ととらえるのではなく、物事をすべてポジティブに考えていけるようもっていく方法です。
分娩時、最大限にリラックスすることができるよう、BGMを聴きながら前もってイメージトレーニングを行いますので、お産の頃にはBGMを聴いただけでリラックスできるようになります。詳しくはスタッフにお尋ねください。

​セントラルモニターについて

MENU

分娩中は、生まれてくる赤ちゃんに多少のストレスをかけることになります。通常はそれをちゃんとはね返して無事に乗り越えてくれるのですが、時に負けそうになってしまうこともあります。分娩進行中に陣痛と胎児の状態を調べるために、分娩監視装置と呼ばれる装置をお腹につけて出産に臨みます。 その胎児モニターを分娩室だけでなく、離れたところからでも監視できるようにしたものが、セントラルモニターです。ナースセンター、外来診察室以外で、インターネットを介して遠く離れた所でも監視できるシステムを(株)システック、(株)トーイツ、(株)大同医科器械の協力でつくりました。 胎児の急変を見逃さないよう離れた所からでも注意深く観察可能です。

ナースセンターでのモニタリング

宮崎シーガイヤをバックにモニタリングテスト中。ちなみに海外(カリフォルニア)でもモニター可能でした。

© 2017 Hirano Angel Clinic

​医療法人平野エンゼルクリニック